BLOG

【WordPressカレンダープラグイン】XO Event Calendarの使い方

2021/07/27


「複数の休日設定を行いたい!」「イベントの開催スケジュールをカレンダーに表示させたい!」
そんな時に便利なのが国産プラグインの「XO Event Calendar」です。
こちらのプラグインの使い方を説明していきます。

XO Event Calendarのインストール

WordPressの公式サイトからソースコードを取得しフォルダをアップロードするか、プラグインの新規追加からインストールします
WordPress公式はこちら
インストールができたら、有効化します。
有効化すると管理画面メニューのところに、イベントが追加されます。

休日の作成

休日設定を行うには、管理画面にログインして左メニューのイベント>休日設定を選択します。
選択すると、以下の画面のようになります。

ここに設定したい休日情報を入力します。各項目について表でまとめました。

項目 説明
編集する休日を選択
休日の名前
初期項目は「all、am、pm」の三種類。自分で名称の変更や追加可能
タイトル カレンダーで表示する名前
週定期 定休になる曜日がある場合に選択
臨時日 臨時休業となる日付を指定
取消日 週定期の曜日で休日を取り消す場合に指定
カレンダーの各日付の背景色を指定

イベントの作成

イベントを作成するには、管理画面の左メニューからイベント>新規作成を選択します。
選択すると、以下の画面のようになります。

イベントのタイトルとイベントの内容を入力します。
ショートタイトルはカレンダーの日付の枠内に表示され、省略時はタイトルが表示されます。

カテゴリーを選択(未選択の場合カレンダーに表示されません。)
ここの「色」も休日同様、背景色を指定します。

ショートコードを設定

固定ページや投稿ページにカレンダーを表示させる場合はショートコードを記述します。

PHPファイルには 

これに各オプションを指定して表示させます。
オプションなしだと、休日設定も何も反映されていない真っ白なカレンダーになります。
以下が各オプションの説明です。

オプション 説明
id ページ内での重複使用は不可。省略時は「xo-event-calendar-1」
event イベントを表示するか否か。true またはfalse。省略時はtrue
categories eventがtrueの場合のみ有効。イベントのカテゴリーを指定できます。省略時は全指定
holidays 表示する休日を指定。省略時は非表示
previous 前月への月送りできる月数を指定。省略時は無制限
next 次月への月送りできる月数を指定。省略時は無制限
start_of_week 週の始まり。0が日曜〜6が土曜。省略時は0 (日曜)
year 最初に表示する年。省略時は現在の年
month 最初に表示する月。省略時は現在の月
months 表示する月数。省略時は1ヶ月
navigation 月送りの矢印を表示するか否か。true またはfalse。省略時はtrue

例えば下記のようなオプション設定を記述すると

以下のようにカレンダーが表示されます

パーマリンクを変更

プラグインのデフォルトの状態では、イベント(投稿)のカスタム投稿タイプは「xo_event」、イベントカテゴリーのカスタムタクソノミーは「xo_event_cat」です。
テーマの functions.php に記述することでパーマリンクを変更することができます。

投稿タイプ

イベントのパーマリンクのスラッグを event に変更する場合の例

イベントカテゴリー

イベントカテゴリーのパーマリンク構造のスラッグを event_cat に変更する場合の例

まとめ

今回は「XO Event Calendar」についてまとめました。
イベント等を表示させずに、休日カレンダーとしても使えます。
イベントごとに詳細ページが作成されるので、カスタム投稿と同じ要領で変更できます。
デザインもスタイルシートを指定すれば変更ができるので、カスタマイズしやすく使い勝手の良いカレンダープラグインだと思います。
以下のサイトで詳しいカスタマイズ方法が書いてあるので、よかったらこちらもお読みください。
プラグイン製作者様のサイト