ワードプレス(WordPress)はSEOに弱いのか

2014/11/29

ワードプレス(WordPress)でSEO対策は可能?

ワードプレス(WordPress)で制作されたサイトはSEOに弱い、SEO対策ができない。
という誤った情報をお持ちの方がいらっしゃいますが、結論からお伝えするとワードプレス(WordPress)で制作されたサイトでも十分にSEO対策を実施し、上位表示を狙うことは可能です。むしろ弊社では、SEOに強いとオススメしています!

ワードプレス(WordPress)で制作されたサイトのmeta情報を見ると、

【title】ページタイトル名 - サイト名
【meta description】ページタイトル名 - サイト名

のように内容が固定されて書かれているサイトを見かけることがあります。
より質が低いサイトだと、そもそも各種のmeta情報が設定されていないこともあります。

こういったサイトをご覧になられて、ワードプレス(WordPress)=meta情報が自由に入力できないと思われるようです。
ただ、これはあくまでワードプレス(WordPress)の構築の仕方に依存し、All in One SEO Packなどのプラグインを設定すれば通常の静的サイトのようにmeta情報を自由に記述することができます。

meta情報以外にも必要なSEO対策の本質

1点気をつけなければならないのは、meta情報だけ個別に正しく入力したからと言っても、それだけでSEO対策が完結するわけではありません。

当然、title、meta descriptionなどの情報は極めて重要ですが、昨今はContent is King(コンテンツイズキング)と叫ばれているように、ページ本文の文章も他サイトと同じような内容(重複コンテンツ)ではなく、オリジナルで質の高い文章であることが必須です。

つまり、
裏側のソースコードがGoogleのクローラーが読みやすい構造になっていることと、表側の文章がユーザーにとって価値のある文章になっていること、双方が満たされていて初めて効果的なSEO対策となります。

ワードプレス(WordPress)で個別ページ毎にmeta情報を入力するのは第一歩。
ただし、効果的なSEO対策を実施するには専門的な知識が欠かせない為、是非一度お気軽にご相談頂ければと思います。