web制作でのエピソード2016

投稿日:2016年12月27日

web制作でのエピソード2016
どうも城戸です。
突然ですがBRISKには、営業マンはいません。
ホームページから頑張って集客し
お問い合わせが来たらだいたい私がヒアリングに行きます。
勝率は50%という所でしょうか。(お問い合わせを頂いてからの営業なので比較的高めだと思っています。)

2016年もそろそろ終わりなので、実際にあったお客様とのエピソードを記載します。

リニューアルに1年以上かかり完成しない

ここ最近、そんなお話を数件聞きます。

「リニューアルに1年以上かかり完成しない」
そんな話を聞くとBRISKでは不思議で仕方ありません。
BRISKでもお客様都合でストップするものはありますが
最近、聞いたお話しでは制作会社都合でストップしているようでした。

BRISKでは、毎週「案件の進捗確認」と「毎月の社内売り上げ」の確認をしていますので
会社として放置するような事はまずありません。

BRISKのホームページには、「プロに頼られるWeb制作会社。」という記載がありますので
ホームページ制作で困った際に頼って頂けるのかもしれません。
最近、そんなお客様からのお問い合わせも増えています。

コンバージョンの高いホームページ

BRISKでホームページ制作をさせて頂いた際は、Googleアナリティクスの設定をさせて頂きます。
許可を得て、弊社もGoogleアナリティクスで設定したコンバージョンを確認させて頂くのですが多くの方がコンバージョンに満足頂いています。

お客様のビジネス設計がうまくそれをホームページで伝えている限りではありますが
正直うらやましく感じる時があります(笑)

BRISKでも同じホームページ作って集客したいな。なんて。
ただ、そんな事をしても集客できないし利益は出ません。

コンバージョンが高いサイトは皆、お客様の気持ちがあると感じています。
その気持ちが、小さなこだわりとなりホームページからユーザーがお問い合わせをするという行動を起こさせています。

BRISKは、お客様のこだわりをホームページで表現しプロの視点からのアドバイスを致します。
コンバージョンが高い多くのサイトがお客様が作ったサイトでも、BRISKが作ったサイトでもなく
BRISKとお客様が一緒に作ったサイトという感覚になっています。

ソースコードにある「BRISK」の文字

あるお客様(制作会社さま)にホームページからお問い合わせを頂きました。
一度お打合せをさせて頂き、その後に何度かお見積りさせて頂きました。
1回のお見積りは弊社ではなく他社様にご依頼されたのですが
2回目のお見積りでBRISKにWordPressの構築をご依頼いただきました。

デザイン・htmlはお客様で担当されており、それを元に弊社でWordPressを設定させて頂きました。
組み込む際にhtmlのソースコードを確認しながら進めていたのですが
そのソースコードの中に「BRISK」の文字が!!

確認すると、弊社のブログで書いているJavaScriptのTipsを参考され、その部分を構築されているようでした。
技術的なブログは、社内のエンジニアで空き時間で書いてもらってますが、アクセス数は集めるのの実際のお問い合わせに繋がってない印象でしたが、ちゃんと繋がっている事が確認できたエピソードでした。

お客様に頂くヒント

BRISKの強みは、業界にとらわれずホームページ制作をする事です。
直接のお客様・制作会社・代理店とご依頼いただくレイヤーもいろいろです。

今後もどちらもやっていきたいと思っていますし、そのどちらからも課題・ヒントを頂いています。

直接のお客様は、自社サイトにかける思いがあり
独自で仕入れた情報から、こんなホームページにしたいというオーダーを頂きます。
その中には、プロの我々も参考になるアイデアがあります。
なるほどと感心し、こっそりBRISKの自社サイトにも取り込み検証したりしています。

制作会社・代理店のお客様は、最新のトレンドやツールなどをお互いに共有しスキルアップにつながっています。

この両方のお客様とのやり取りで得た経験を蓄積する事で、BRISKのサイト制作のスキルがどんどん磨かれてきています。
社内の教育も重要ですが、お客様から勉強させて頂く事も多く、それをお客様に案件で返すようにと心がけています。

お問い合わせが来て、「まず飲みに行きましょう!」

サイト制作の相談でお電話を頂きました。
前に頼んだ制作会社で良い感じで進んでおらず、制作会社を変えたいという内容で
案件を進める前にまず顔合わせがしたいという事でした。

そこで土曜日にお食事・お酒を交えながらホームページ制作のお話をし
そのままお仕事をご依頼いただく事になりました。

初めての経験でしたが、案件が始まる際のコミュニケーションで
時には、お酒の力で親密になってから仕事をするのも良いと感じました。
(東京の下町ならではという感じもしますね!)

ホームページリニューアルしたいんですが、今から行っていいでしょうか?

こちらも、初めてのケースで驚きました(笑)
ホームページ制作の相談で今から行っていいかという相談です。
ちょうど時間があり、お客様も近くに居るという事で早速打合せをさせて頂きました。
聞くとそのお客様は、ホームページ制作については何もわからいとの事。
確かにわからない人にとっては、ホームページ制作でお問い合わせする際の普通ってなんだろう。
という感じですよね。
1時間程お打合せをさせて頂き、要件をヒアリングし、とにかく急いている感じでした。
後日メールで何度かやりとりをし、無事ご発注頂きました。

ホームページ制作をご依頼されるのは初めてという事ですので
気持ちよくゴールに誘導できればと思っています。

ちなみに、このお客様は以降のやり取りは非常に明確で
過去5本の指に入るぐらいのやりやすい方でした。

やっぱり重要なのはコンテンツ

BRISKはSEOを専門にやっている訳ではないのでGoogleの最新のトレンドまで追っては無いですが
管理しているサイトを見ていると9月中旬あたりに外部リンクに頼っていた部分が終わったという印象を持っています。
SEO会社さんに話を聞くとまだ外部リンクは重要という話は聞きますが、私も自然発生的に付けられるリンクは重要と感じますが意図的に付けられたリンクの価値が前より低くなっていると感じます。

だいぶ前から言われているコンテンツが重要という流れになってきています。
ただ、コンテンツマーケティングという言葉は私はあまり好きではありません。
(コンテンツマーケティングをしているという会社との出会いが良くなっただけかもしれませんが。。。)
マーケティング(SEO)の為だけに作らるコンテンツほど読んでいてつまらないものは無いですし
他社のサイトのコンテンツ(専門分野外で)をおもしろく作れる人はそれ程多くないと感じます。(それこそ最近話題になっているパクるだけの作業になりそうです。)

日々の業務の中で生まれるエビソード・ノウハウをコンテンツにする事がおもしろくコンテンツマーケティングにふさわしいと思っています。
(そんな風にブログを書いている人・ページを作っている人は、「コンテンツマーケティングするぞ!」とは思ってないと思います。)

以上、2016年のweb制作のエピソードでした。
2017年はどうなるか楽しみですね!

では。

城戸

関連記事

  • LINEスタンプ販売中!「カフィーノ♪」 BRISKオリジナル
社内写真