BLOG

BRISKで働く魅力について(給与編)(社長日記 2021年6月)

2021/06/25

BRISKで働く魅力について(給与編)(社長日記 2021年6月)
今月にある程度まとまった金額のインセンティブを
メンバーに支給する事になりました。
折角なのでアピールしてこなかった給与面でのBRISKの魅力について書きたいと思います。

はじめに

まず、BRISKは裁量労働制なので残業代はありません。

頑張るメンバーは個人的には大好きですが
「長時間労働=お金」にしては双方行き詰まる事になります。
「長時間労働⇒成長⇒成果⇒お金」にしないといけません。

ある程度成長したメンバーであれば、「長時間労働=成果」になるので
結果、「長時間労働=お金」になりがちではありますが
評価の段階では労働時間は考慮していないので長時間労働してなくても
成果を出している人は居て、そちらは適切な評価をしています。
1日にやるべき事を確実にアウトプットして帰宅する。
そんな人と一緒に働きたいですし、そんな人を正しく評価しています。

少し脱線しましたが、私としては長時間労働が好きでも嫌いでもなく
時には必要という微妙なニュアンスが伝わればと思います。

ただ、自分は若い頃には長時間働かせて頂いて成長できたタイプの人間なので
残り作業しているメンバーは成長してほしいなぁ。と陰ながら応援しています。

話をインセンティブに戻します。
BRISKにはインセンティブ制度があり、会社で出した利益を分配しています。
そちらが非常に魅力的です。

BRISKのインセンティブの背景

現在18名、皆制作者、営業マンなし、役員もいない。
これがどういう事を意味しているか。

たぶんですが、活躍した制作者に一番還元できる制作会社だと思っています。
普通の会社であれば、役員がいて、営業マンがいて
制作者以外のコストが固定費として発生します。(こちらが普通です。)

BRISKは皆制作者である事から固定費が軽減でき
また、評価軸が一定になっていると感じています。

インセンティブは会社全体の数字が達成した際に発生します。
1人あたりの売り上げ(制作物)にする事も可能ですが、Web制作は基本はチームで対応しているという事と
協力し合い会社の数字を作るという点に魅力があると思っていますので会社全体の数字を見ています。

また、一人の数字だけにするとプレッシャーがかかりすぎるかもしれません。
現在のBRISKは、それぞれのペースで成長してとしていますので
個人の数字を知りたい人だけにフィードバックしています。
(しかし皆がフィードバックしてほしいという結果になっています。)

インセンティブ制度はなぜできたか?

BRISKは割と初期からインセンティブ制度はあります。
ルールは変化していますが基本的な考えは変わりなく会社作って2年目ぐらいからと記憶しています。

なぜインセンティブ制度を作ったかというと
私の前職でインセンティブ制度があり
個人的にはモチベーションになる部分があると感じましたので
メンバーがある程度増えた段階で同じようなルールを適用しスタートしました。

会社設立当初は仕事が無かったので、
案件を紹介してくれた人もインセンティブとして支払っていました。
現在はそちらは無くなりましたので純粋にどれだけ成果物に貢献したかという軸での評価となっています。
軸は数字以外にも複数ありますが、全員が制作メンバーなので評価は一定と思っています。

インセンティブや評価の過程で個人の数字を集計するという事をしていますが
そちらがメンバー的にはモチベーションになってるように感じます。

面談の際に数字をフィードバックしており
そちらを皆意識してくれています。

BRISKのインセンティブについて

インセンティブについて大きく分けて3つあります。
・月の達成に対するインセンティブ
・3ヶ月の達成に対するインセンティブ
・3ヶ月の達成に対して超過した分のインセンティブ

こちらの3つのインセンティブは
全て会社の数字が達成した際に発生します。
少し細かく記載していきます。

月の達成に対するインセンティブ

・会社の一月の目標数字が達成した際に発生します。
・ランクに応じて金額が異なります。

こちらは初期には無かったですが、月毎に目標を追わないと3ヶ月の目標も達成できない事から月の目標に対するインセンティブを設けました。
私は過去に営業マンをしていた事があり
その時に1日毎の目標を達成しないと1年間の目標は達成しないと教えられましたので
目標は可能な限り細分化できる事が好ましいですね。

やはり理想は1日毎に目標を設ける事ですが
Web制作においてはなかなか難しいので会社として月単位です。

余談ですが、個人で1日の目標を掲げそちらに向かい作業している人は数字も良いものになる傾向があると感じます。

3ヶ月の達成に対するインセンティブ

・会社の3ヶ月の目標数字が達成した際に発生します。
・ランクに応じて金額が異なります。

「月の達成に対するインセンティブ」より大きな金額を3ヶ月のインセンティブでは支給しています。
金額が大きい分、3ヶ月毎の目標を強く意識して欲しいというメッセージも含まれています。

私自身は3ヶ月の目標が順調か否かが会社が順調かどうかの大きな指標になっています。
数字が足りなければ理由は何か?受注なのか、制作力なのか、または別の要素かを考えるようにしています。

ここ最近は、致命的に原因不明の数字が足りないという現象は無いですが、
過去には何度かありそんな時には
このままではダメだと、いつもと違う行動、変化を付けるようにしています。

3ヶ月の達成に対して超過した分のインセンティブ

こちらは他の会社ではなかなか無いであろうインセンティブです。

現時点では「3ヶ月の目標金額」+50万円毎に対象者に3万円支給するとしています。
上限無しです!

過去には+200万円達成し「月の達成」「3ヶ月の達成」のインセンティブとは別に12万円という金額を支給してた事がありましたが
今回は、こちらの記録を塗り替えました。

今回は+700万円達成しましたのでこちらのインセンティブだけで42万円となります。
42万円という金額はリーダーは満額支給となりますが、メンバーには活躍に応じて分配しています。

+700万円達成するなんて、この制度を作った時には想像もしていなかったのでルール変更が近いかもしれません。
(※インセンティブ制度はルールが定期的に変更されます。)

また、こちらに加えてリーダーには3ヶ月達成でリーダーには20万円支給しています。
(まだ私もリーダー業務をしていますので、是非リーダーが増えてほしいです。)

インセンティブ支給のバランス的には会社と社員と利益を半々ぐらいにしています。(若干、社員の方が多いぐらいです。)
利益を半々という会社も多くないと思いますし、制作メンバーしかいない制作会社も多くないと思います。
この部分でわかる人には魅力が伝わるかと思いますが、若い人にはピンとこないかもしれません。

最後に

インセンティブ制度について説明しましたがわかりましたでしょうか??
直接説明してもすぐに理解できる人は意外と少なかったりしますので
ブログに書いてもイメージできる人は少ないかもしれませんが、
喜びはメンバーと分かち合う会社である事が伝わればと思います。

今後もBRISKはインセンティブが払えるぐらい順調なの??という点については
BRISKは現時点でそれ程大きくない案件を対応しています。
中小企業様のサイトをメインしてしており、現時点ではそれが強味です。
今後はメンバーの成長と共にその規模を徐々に大きくしていこうと思っています。
そこが分かりやすいBRISKの伸びしろです。
なのでまだまだ成長すると思っています!

今回は、直近で数字が良かったのでBRISKで働く魅力について給与面について記載しましたが
こちらはインセンティブなので数字が良い時でないと発生しませんし
活躍しないと多く支給されませんので、その辺り勘違いの無いように!

また現在、22年新卒採用を募集いています。
給与面で魅力と感じた方も是非ご応募ください。

BRISKとしても個人としても日々成長が感じられると思いますし、将来性もあると思います!
新卒で成長するには良い環境です。

すごく優秀!というよりBRISKの考えに共感し、指導した通りに成長してくれる人がマッチしています!
興味持って頂いた方は是非ご応募ください!

では。

城戸