リソースが空いている時に何をするか(社長日記 2018年1月)

投稿日:2018年1月17日

リソースが空いている時に何をするか(社長日記 2018年1月)
2018年がスタートしました。

12月がバタバタでしたので、1月は比較的落ち着いたスタートという印象です。

リソース的には75%ぐらいで若干余裕がある感じです。
BRISKではリソースの理想的には85~90%ぐらいを
一定に保つのが良いと思っていますので、もう少し案件を入れたいと思っている感じです。

今はリソースが空いている時にやりたかった事を早速始めています。

1つ目はSVN⇒Gitに移行です。

まだやってなかったの!?という感じですが
社内的にはSVNで全然十分な感じでしたが、世間がGitに移行しているので
結局Gitも使わないといけないのでSVNとGitの2つを覚える必要がありました。
だったらGitだけにしようかという考えでようやくGitにする事にしました。
1月が移行期間で2月からは完全にGitにシフトします。

正直、使い方・ツールが変わるだけで社内ではほとんど変わらず
外部との連携がしやくなるものという感じです。

2つ目は、自社LP制作です。

お客様のLP制作を何度か対応しており、よい効果が出ているので
自分たちでも作成して集客してみようという感じです。

LP制作は手馴れてますが、時間を作る事ができなかったので
構想から半年以上かかってしまいました。
1月に入りリソースが空いている事もあり無事完成しまいた。

世間と同様にエンジニアのリソースが不足しているので
エンジニア採用と中小企業様向けにお得なプランを用意したのでそちらのLPを作成しました。

エンジニア採用LP
東京の中小企業様限定 写真撮影プラグイン

3つ目は、教育について考える事ができました。

年末には、入社6か月以内のメンバーを対象に「おやじの小言」という以前にやっていた私の考えを押し付けるw
会を久々に行いました。答えのないものを考えてもらい、最後に私の答えを伝え
それがBRISKの正解という事で会社に対する理解を深めてもらおうというものです。

2年ほど実施しなかったのは、長くいるメンバーは会社に対する理解が深まっている事
新メンバーについては、会社の考えを伝えたいというレベルまで行ってなかったので
しばらくやめていましたが久々にやり、なかなか面白かったです。
それに気をよくして実際の小言が増えないように気を付けたいと思います(笑)

4つ目は、チーム制β版をスタートしました。

まずは、リソースの管理からチームでしてもらうような感じで
順調な滑り出しでなかなか良いと感じています。
リーダーは3名で皆女性です。
Web制作のスキル・社歴・年齢というより、「仕切るのがうまかいかどうか」で決めました。

徐々にチームでの対応を増やして行きたいと思っています。

まとめ

毎回思いますがリソースがいっぱいの時より
リソースが空いている時の方が私は仕事をしている感じがします。(実際に疲れ、ストレスも多いです。)

リソースがいっぱいの時は来ている案件を対応するだけでよいですが
リソースが空いている時は「何をするか?」から考える事が必要で、考える量が多いです。
(考えるだけでアウトプットがない時は、それがストレスにもなります。)
また「何をするか?」の初期段階で決定する事が間違ったらそれ以降の行動が意味のないものになります。
何もしないのは、もっとダメだったりもします。

実際にリソースが空いてる時に何をしてどう行動するかが、会社の成長にとっても重要になると考えています。

メンバーにも同じように思ってもらえれば会社の成長が早いと思いますので
少し先を見て皆で考えることができるようになりたいですね!

では。

城戸

関連記事

カテゴリー: BRISKについて, 社長日記
  • LINEスタンプ販売中!「カフィーノ♪」 BRISKオリジナル