来年を想像する事が多い12月(社長日記 2018年12月)

2018/12/28

来年を想像する事が多い12月(社長日記 2018年12月)

12月はあっという間に終わると思ってましたが
想像以上に早かったです。

12月は久々に会い食事させて頂く方も多く
刺激や勇気づけられる事が多かったです。

あたり前ですが、みな試行錯誤していて
結果が出る事もあるし出ない事もある。
自分には相談できる仲間がいるだけでも幸せだと感じました。

2018年のBRISKは数字的には現状維持な感じですが
何もしない現状維持ではなく、内部的にはいろいろ試して現状維持であったと感じています。

個人的には、すぐに結果がでない辛い年と感じる部分はありますが
2019年かそれ以降に飛躍できる礎を作った年という理解でいます。

私が常に課題にしている採用、営業の2つで方針が
固まりつつあるので、来年はそれを実行しながら次のステップに進みたいと思っています。

今年は例年より早かった12月でしたが
「2019年は」と来年を想像する事が多い12月になりました。

2019年はラグビーワールドカップも日本で開催されますし
刺激的な年にしたいと思っています。

▼昨日、会社の忘年会をしました。来年入社の3名も加わり楽しい会となりました。

では。よいお年を。
城戸。