BLOG

バタバタな10月と腕時計のサブスクについて(社長日記 2020年10月)

2020/10/27

バタバタな10月と腕時計のサブスクについて
10月に新卒が入社してから半年が経過しました。
BRISKにとって半年というのは大きな意味があり
入社後半年で1人前扱いし始めます。

今までそれ程気にしていなかった数字についても意識してもらう事になります。

今年も3名の1人前が誕生しました。
年末にかけて忙しくなる予定ですので
コロナで失った数字を取り返すべくアウトプットして行きたいと思います。

10月の案件について

10月は非常に案件で忙しくバタバタしていました。
今までに無いぐらい残業し作業している状況です。

コロナの時は仕事が無かったので
それに比べたら幸せと感じます。

久々に会社で目標としている数字に行くか行かないか
という感じになっています。

今、結果出さないといつ出すんだ。
という状況ですね。

採用について

今の時期は中途採用をボチボチという感じですが
今年はたぶん中途採用はしないと思います。
できないという言い方が正解な気もします。

現時点では、Findjob!の仕組みが変わったのが大きいのと
BRISKがこれから求める人物像が明確化してきたので
今までしてきたような幅広い採用ではなくなっていて
成功事例に沿った採用をしたいと思っています。

打率を考えると、もしかしたら新卒採用のみという方向もありかな。
というのが現時点での結論です。

今年の新卒をベースに教育の流れが確立しつつあるので
1年間BRISKで働けば1人前になるようにな流れにしていきたいと思います。

2022年卒も採用に力を入れる事は確定しています。
良い出会いがあり、今後のBRISKにいい影響を与え
今いるメンバーが楽になり余力で仕事の幅を広げていければと思っています。
今年の新卒は少なからずそれができてるように思うので
来年も引き続いてほしいと思います。

最近気になる事(サブスク腕時計)

今月から内容が薄い時には仕事以外で気になる事を書きたいと思います。

初回なので仕事っぽい内容を一応書きますね。
サブスクが最近流行りですが、時計のサブスクをご存じでしょうか?

KARITOKEというサービスがあり、利用させて頂きました。
KARITOKE(カリトケ)
何十万~百万円の時計が1か月からレンタルできるサービスです。
返却しないと継続利用となり、借りた時計が手元にあると課金が続くようなものです。

当初、時計が欲しいという気持ちは正直ありませんでしたが
このサービスはなかなか良いな。と思いレンタルさせて頂きました。

時計のサイズを伝えるのに1円玉を手首に乗せて画像を送るとか
時計が高級なので、本人確認が厳重であったりサービスとして考えられていると思いました。

1円玉を手首に乗せた画像

はじめて付ける高級時計で最初は何も分からなかったですが
時間の合わせ方、ゼンマイの巻き方を調べていくうちに少しずつ興味がわきました。

月3,980円から高級時計のある生活が体験できるのでおススメです。
時計はいらないという方もレンタルしてその魅力を知れば
時計にハマるきっかけになるかもしれません。

私はこのサービスで時計の自動巻きというのを初めて知り時計に興味がでました。
時計の動く動力源が電池でもゼンマイでもなく
時計を付けている腕の動きから時計が動くというもので
時計を付けないと止まってしまうというものです。

止まってしまうので付けてあげないと
という気持ちにもなり時計に愛着がわきました。

私もまだまだ浅い知識なので多くを伝える事はできませんが
皆さんもレンタルからスタートしてはいかがでしょうか。

サブスクでどんな新たなサービスが始まるか今後も注目ですね!

では。

城戸