BLOG

2022年新卒採用と来年に向けて(社長日記 2021年8月)

2021/08/19

2022年新卒採用と来年に向けて(社長日記 2021年8月)
今年の新卒採用もおおよそ見えてきました。
現時点で5名に内定を出しておりまして4名から承諾を頂いています。
内定者の内訳的にはデザイナー4名、エンジニア1名という感じです。
※5名全員から無事承諾を頂きました。(8/24更新。)

エンジニアが少ないのでエンジニア採用のみ若干名募集していますので
我こそはという方がいれば是非よろしくお願いします。

今年は求人媒体などまったく利用せずに採用活動を行いました。
結果としては例年並みの結果が出せました。

そちらについて記載したいと思います。

求人媒体を使わない採用

なぜ媒体を使わなかったかというと今まで利用していた媒体の仕様が変わり良いと思わなくなった為です。
また、今まで媒体を使うと新卒以外の条件に合わない人の応募も多く今まではそれでも良かったですが
今年は条件に合わない人とのやり取りに時間が取られるのを削減しようという思いになりました。

3月時点でボチボチ応募があったのも要因の一つです。
媒体を使わないで行けるなら行きたいな。と思っていました。
コロナの影響で買い手市場であったとも思います。

結果としてはそれなりの応募数が来て例年通りのハードルで採用活動をする事ができました。

新卒用の媒体(リクナビ、マイナビ)は使わないの?

BRISKで募集しているのは、WebエンジニアorWebデザイナーのどちらかとなります。

応募があった際にも
「ポートフォリオありますか?」
「プログラム書けますか?」
という確認からスタートとなり
現時点でもその質問で半数以上がフィルタリングされます。

リクナビ、マイナビの新卒媒体は一般的な学生が多く登録しており
BRISKが求めている専門的な職業で、
BRISKのような職人に近い形の会社には興味が無い学生が大半と思いますので
新卒向け媒体を利用してもミスマッチが増えるのみと思っています。

「Web制作がどれだけしたいか」「BRISKにどれかけ入社したく企業文化にマッチするか」
という点を重視しています。該当する方でBRISKが求めているスキルがあれば
お互い良いとマッチングすると考えています。

どうやって応募数を獲得したのか

1つは卒業生がいる専門学校からの応募です。
毎年1~2名採用しており今年も1名の採用をする事ができました。

もう1つは自社ホームページからの採用です。
BRISKのホームページはWeb制作のTips等も記載してあり
Web制作を勉強している学生からしたら知っている会社となっています。
その結果、自社ホームページの採用ページも求人媒体の安いプランに出し続けるぐらいのPVがあります。

またWebデザイナーの新卒採用は求職者が多く、新卒から採用している企業が少ない現状です。
付き合いのある専門学校では毎年生徒の数は増えていると聞いています。
ただ多くのWeb制作会社では教育ができないという理由で新卒を採用しないという状況です。
その為、媒体を使わなくても応募数が取れています。
たぶんBRISKが渋谷にオフィスがあれば応募数はもっと多いと思います。

課題と来年に向けて

順調に進んだ採用ですが今年の課題もありまして、
最初から媒体を使わないのであればもう少しできた事が多くあります。

・Googleしごと検索(Google for Jobs)、Indeedとの連携強化
現在は自然に連動されているのみで、専用のタグや特化したページは作りませんでした。

・先輩声の発信
しばらく更新が無く追加での作成が無いので追加していこうと思います。

・採用ページのブラッシュアップ
コンテンツは追加していますが、デザイン等見直して無いので毎年作り直すぐらい力を入れて行きたいです。

・採用動画の作成
最近は動画を使った発信をしていますが、採用に向けて作るという事はしてこなったので採用に向けた動画を作りたいと思います。

ざっと、こちらがぬるっと自社媒体で採用を進めた事で実施できなかった事です。

また、エンジニアの応募数が少ないという点も今後強化していきたいです。
今年もまだ諦めてないですけどね!

応募数を集計する事もしなかったので、来年からは今後に向けて集計しアナリティクスしていこうと思います。

まとめ

22年卒の採用はそこそこ満足という形ですが
もっともっと良くしていきたいので23年卒に向けコンテンツを作っていかないといけません。

会社の成長と共に採用したい人物像が若干かわりつつありそちらを反映した採用をするのがまた難しいですね。
起業して10年目なので先を見る力がついていたと思ってましたが、採用に関しては難易度が高いです。

かなり前から仕込み、1年かけて採用をし、採用後もそこから育てていく、
その人も人生かかってますので採用するって大変な事ですね。

そう考えると明日から売りたいものをマーケティングするなんて簡単な作業に感じます。
採用に力を入れる事で実務が軽く感じる良い効果があります!

皆さんも新卒採用に力を入れる事をお勧めします。

では。

城戸